岡山(牛窓)の潮干狩りの料金や持ち物は?おすすめの時期や潮見表も!

今回は、岡山県牛窓の潮干狩りです。

牛窓は、岡山県瀬戸内市にある町で、日本のエーゲ海」と
呼ばれる海が広がる観光地
として有名です

意外と潮干狩りに行った事がないって方、多いですよね。

何年も行ってないからどんな感じか忘れちゃったって方も
おられるんじゃないでしょうか?

この記事では牛窓の潮干狩りスポット、料金や持ち物、
潮見表についてお伝えしてい
ます。

スポンサーリンク

牛窓の潮干狩りに行こう!料金や持ち物は?

潮干狩り

牛窓の潮干狩りスポットは、「黒島」「牛窓海水浴場」「サンビーチまえじま」
あたりになります。

順番に、各スポットの簡単な情報をお伝えします。

持ち物については、潮干狩りの道具と服装ということで、
アサリを獲る場合の例をあげておきますね。

牛窓の黒島


黒島は、沖合い約2kmにある小さな島。

干潮時には、黒島の浜ととなりの小島の間に干潟ができます。
そこが潮干狩りのポイント。

黒島では、アサリやアラメの潮干狩りが楽しめます。

一番適した期間は、4月中旬~6月中旬。

問い合わせ:9時~17時 牛窓町漁協(0869)34-3065

料金は、渡船代込みで以下の通り。

  • 子供の料金:900円
  • 大人の料金:1800円

牛窓海水浴場の岩場あたり


牛窓海水浴場のあたりでも、天然のアサリやアラメの潮干狩りが楽しめます。

こちらは、無料。

干潮で一番の潮の引く時刻の前後1時間位の間を
狙ってみましょう。

サンビーチまえしま

サンビーチまえしまへは、牛窓港から前島フェリーで移動します。

こちらでは、海水浴、海釣り、潮干狩りなどが楽しめます。

基本情報は、以下の通りです。

  • 住所:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓6385-1
  • 電話番号:0869-34-4356
  • 子供の料金:100円
  • 大人の料金:200円

アクセス情報:牛窓港から前島フェリーに乗車、前島下船から徒歩30~40分

⇒大阪方面から牛窓へのアクセス

  1. 山陽自動車道「備前IC」で降りる。
  2. 一般県道(約3km)
  3. 岡山ブルーライン「蕃山」 から入る。
  4. 岡山ブルーライン「邑久」で出る。
  5. 一般県道(約11km)

⇒広島、高松方面から牛窓へのアクセス

  1. 山陽自動車道「早島IC」で降りる。
  2. 国道2号線バイパス
  3. 岡山ブルーライン「君津」から入る。
  4. 岡山ブルーライン「西大寺」で出る。
  5. 一般県道(約11km)

前島フェリーの時刻表と料金は、こちらを参考にしてください。

前島フェリー時刻表と料金

スポンサーリンク

潮干狩りの道具と服装は?

潮干狩り 服装

こちらでは、意外と気になる潮干狩りの
道具や服装についてご紹介します。

潮干狩りの道具

アサリを獲る場合の例です。

  • 熊手型のスコップ(鋤簾)
  • 厚手のゴム手袋(手で砂を掘るため)
  • ザル、袋状ネット(獲ってすぐにアサリをキープしておくため)
  • バケツ、クーラーボックス(アサリを持ち帰るため)

鋤簾(じょれん)と貝入れ網のセット↓
専用なのでとても使いやすいですよ。

潮干狩りの服装例

  • 麦わら帽子
  • 長袖
  • 半ズボン
  • 長靴
  • タオル(首にまいておく)
  • リュック(手荷物を入れておく)

しゃがんだ状態で動くのでショルダーバッグや
ポシェットなどは邪魔になる可能性が高いです。

いつ頃行くのがいいの?潮見表もチェック!

干潟

潮の満ち引きは、約12時間おきに繰り返されます。
干潮は、1日に2回あるということなので、
その1回がお昼ならもう1回は夜になります。

潮干狩りをするには、太陽が出ている間に干潮になる時間帯をチェックしましょう。
2回とも干潮が太陽の昇っていない時間帯だと、その日の潮干狩りは難しいです。

潮干狩りに特化した潮見表は、潮干狩りができる日に「○」をつけてあることが多いです。
シーズンは、寒くない時期を選びましょう。

干潮時刻が12時の場合は、10時~14時が潮干狩りに最適な時間帯になります。
出かけるには、10時着をめざして準備を始めるのがちょうど良いと思われます。

以下の潮見表を参考にしてください。

岡山県 の潮干狩りや釣りに最適な潮汐・潮見表カレンダー 潮MieYell

潮MieYell

岡山県 水島(倉敷市) 潮汐情報(潮見表) | レジャーフィッシング the Net

レジャーフィッシング

気象庁 | 潮汐・海面水位のデータ 潮位表 水島(MIZUSHIMA)

国土交通省気象庁

まとめ

今回は岡山(牛窓)の潮干狩りの料金や持ち物、またおすすめの時期や潮見表について
ご紹介しました。

家族で出かけるなら、牛窓の潮干狩りスポットは個人的には「黒島」
をおすすめしておきます。

春休みのファミリーイベントとしてぜひご計画ください^^ 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
潮干狩り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です