【スバルが燃費不正を公表】車種一覧は?リコールはいつになるのか調査した

SUBARU(スバル)は3月2日に自社内で燃費や排ガスのデータを改ざんする不正があったと発表しました。

昨年末にも新車の完成検査を無資格の従業員にさせていた問題が発覚しており、致命的な信用損失になると思われます。

スバルの車を利用している消費者の方は心配が絶えないでしょうね。

今回の報道を受け、該当車種一覧や、リコールの時期など気になる項目を調べてみました。

スポンサーリンク

スバルが燃費不正を公表


スバルの吉永泰之社長は2018年3月2日に東京都内で開催された社長交代の記者会見の席上で、完成車の燃費の確認を行う抜き取り検査工程の一部で燃費が一定の範囲に収まるように燃費や排ガスの測定値データの書き換えが実際に行われていた事を公表しました。

「これによってカタログ値が変わる事は無いが大きな問題である」とし、事実上燃費不正があった事を認めた格好です。

この燃費不正問題は昨年10月に発覚した無資格者に完成車両検査をさせていた問題の調査のために弁護士らの第三者委員会が社内の聞き取りを実施した際に従業員からの証言により表面化した問題で、スバルは12月に事実関係の徹底した調査に着手すると表明していました。

今回の会見では先の無資格検査問題を受け経営陣の刷新が発表され、吉永社長の後任には中村知美専務執行役員が昇格し吉永氏は会長となりますが燃費不正問題についても「逃げずに責任を持って取り組む」と話しました。

車種一覧の公表は?

スバル インプレッサ

無資格者に完成車両検査をさせていた問題を受けて実施された弁護士らの第三者委員会による従業員への聞き取りの中で、一部の車種の量産が開始されてから一定期間にわたり測定値の変更行為があったという証言をした検査員が存在している事は認めたものの、3月2日に実施された記者会見では別途最終報告をまとめるとしました。

現時点では「一部」や「一定期間」という表現に留まっており不正が行われた時期や期間、具体的な車種は公表されていません。

今回の燃費不正が行われた可能性があるのはスバル謹製の車種になりますが、その中にはインプレッサやフォレスターをはじめレガシィやWRXなど人気の車種もあるのに加えて、不正が行われた期間が長期にわたるものである可能性があります。

現行の車種だけではなく過去に生産された車種も含まれているのであれば、既に購入されてユーザーが使用していたり中古車として流通している膨大な台数の車両も該当する可能性があるため、その影響の広がりが懸念されています。

スポンサーリンク

リコールはいつになるのか

工具

3月2日に開催された記者会見の中で別途最終報告をまとめるとした事からも分かるように、現時点ではリコールの時期が公表されている以前に、これから燃費不正が行われた時期や該当する車種の調査を行う段階です。

先の無資格者に完成車両検査をさせていた問題については昨年10月に問題が発覚し、同年12月に事実関係の徹底した調査に着手するとし、動き出すまでに2ヶ月もの時間を費やしています。

今回の燃費不正問題については3月中に国土交通省への報告を行う予定であると発表しているため、リコールは少なくともその後になるものと思われます。

ただし、3月中に国土交通省への報告が実際に行えるのか不透明である上に、リコールとなれば全ての対象ユーザーに対して十分に対応できる準備が必要になるため、万が一不正が行われていた期間の長さや車種が多くなるような事があれば大規模になるため、正式発表されるまでの期間はさらに長期化する恐れがあります。

スバルは過去にも度重なる不正が・・・

スバルの不正は残念ながら今回の無資格者による検査や燃費不正が初めてではありません。

1984年には運輸省で実施された新車の型式認定試験の際、用意された提出書類よりも重量が軽くなってしまうため車両のバンパーに重りを詰めていた事が発覚し、生産ラインが大混乱となりました。

1996年には全国でブレーキの故障による事故が多発したために調査が行われたところ、ブレーキ以外にも不具合がある事が判明しましたが、ユーザーから寄せられた苦情を内々に処理していた事が発覚したというリコール隠し事件がありました。

2012年にはクリーンロボット事業部において不正経理が行われていたのと同時に、経済産業省などからの委託事業や補助金事業において不正が行われていた事が公表されました。

2004年から2011年にわたり不正経理が行われた上に、架空発注により得た2億円あまりの資金を当時の部長が不正に引き出して私的に流用していたという事件です。

まとめ

昨年末に引き続き、立て続けに不正が発覚したスバル。

改善施策は実践されていたのか疑問に残りますが、それよりも唖然としたのは「不正が発覚したから社長やめます。んで会長なりますね。」

え??なんですかそれ??これで世間が納得するんでしょうか?私にはわかりかねます。

明確な責任の所在が知りたいところですね。

それでは最後までご覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です