岡山県出身のお笑いコンビ千鳥は面白い?大悟の島育ちネタも紹介!

こんにちは!シノブリです。

紹介文を読んでくださった方はご存知だと思いますが、僕は一昨年から岡山県に住んでいます。

千鳥のことはそれよりも前からテレビで見ていて、「おもろいコンビやなぁ!」と思っていましたが、岡山に住むようになり更に大好きになってしまいました。

お笑いコンビってボケとツッコミで基本成り立っていて、千鳥にも役割分担が一応あるみたいなんですが何か2人ともボケまくってるように見えるんですよね笑 いや、ボケまくってますよ完全に^_^;

2人とも両方ここまで面白いのは、個人的にダウンタウン以来じゃないかなって思ってます。

さらに大悟には生まれ育った北木島で体験した、鉄板「島育ちネタ」がいくつもありますのでご紹介しましょう☆

そんな岡山県出身お笑いコンビ「千鳥」を紹介していきます。

スポンサーリンク

お笑いコンビ 千鳥

大悟

1980年3月25日(37歳)

  • 本名:山本 大悟(やまもと だいご)
  • ボケ・ネタ作り担当。
  • 岡山県笠岡市北木島出身。
  • 岡山県立笠岡商業高等学校卒業。
  • 身長170cm。B型。
  • 一人称は「わし」
  • 趣味は酒と素潜り

ノブ

1979年12月30日(38歳)

  • 本名: 早川 信行(はやかわ のぶゆき)
  • 旧芸名: ノブ小池(ノブこいけ)
  • ツッコミ担当。
  • 岡山県井原市出身。
  • 岡山県立笠岡商業高等学校卒業。
  • 身長173cm。A型。
  • 男3兄弟の末っ子。
  • 趣味は釣りとサッカー

引用:ウィキペディア

2人はよしもとクリエイティブエージェンシー所属で、キャッチフレーズは『岡山の漫才番長』

千鳥という芸名の由来は、大悟とノブは笠岡高校(通称”千鳥”)に入りたかったが入れなかったために憧れて芸名にしたようです。

M-1グランプリでは、優勝はないものの9年連続準決勝進出記録を保持しています。どれだけ漫才の地力があるかが表れていますね。

先輩芸人からの評価は?

島田紳助さんとダウンタウンの松本人志さんが2000年から6年間出演していた『松紳』という番組の中で、売れる前の千鳥の漫才を見て「レベルが高い!」と2人揃って絶賛していました。

また、千鳥が優勝を逃したTHE MANZAIの最高顧問だったビートたけしさんも、「毎回優勝だと思っている」「俺の中では千鳥だ」とコメントしていて、ノブも「その言葉で一生ごはんが食べていけます」と恐縮していました。

『いろはに千鳥』

千鳥が関東に進出して初めて持った冠番組で、お得意のロケで街ブラするトークバラエティです。

普通に喋っているだけでも笑えてくる2人なので、『ロケで歩きながら雑談』で充分面白いです(*^_^*)


この番組の特徴は、7本8本平気でまとめ撮りするところです笑

本人たちも別番組でネタにしているので有名ですが、実はこれ・・・番組見てたらわかるんですが6本目くらいから明らかに2人とも疲れ切って(特に大悟)テンションだだ下がりなんです。やる気のなさが逆に笑えてきます。大悟なんて声が聞き取れないほど小さいですからね。僕はよくテレビの音量上げますw

いろはに千鳥HP→いろはに千鳥

その他出演番組

  • 今ちゃんの「実は…」(朝日放送 )準レギュラー
  • NEO決戦バラエティ キングちゃん(テレビ東京)MC
  • イッテンモノ!(テレビ朝日)MC
  • にちようチャップリン(テレビ東京) etc…

大悟の島育ちネタ

大悟が生まれ育った北木島で体験した、島育ちだからこその面白ネタで数多くありますが、どれも爆笑ものです♪

島民にモザイクかけられた!

NHKが北木島に取材に来た際、島民がノーヘルでバイクに乗っているのを頭部のみモザイクをかけて放送したのを

「カットすりゃえーのに!!」「うちの島のやつ、頭に卑猥なもんでもつけて放送できん、何倍も危ない島みたい

な!」と嘆いていた。

父の改造バイクで小学校通学

大悟が小学校3年生の頃は貧乏で、家に車がなかったため、お父さんが運転するバイクの荷台に板をくくりつけて、その板に2人の姉としがみついて移動していた。

父、物々交換をする

ある時大悟が、「父ちゃん、我が家も車がほしいなぁ」と父に言ったところ、「はよ言わんかい、ちょっと待っとれ」。父は改造バイクの荷台の板をはずし、大きい発泡スチロールを取り付け、海で取れたたくさんの魚介類を詰め込んだ。そして、フェリーに乗って岡山の本土へ渡っていってしまった。

夕方になって父は、持っていった魚介類の代わりに銀色(安い灰皿の色)のボッロボロの軽トラで帰ってきた。

初めてのマクドナルド

1週間前に家族全員集められて父が告白、「マクドナルドにいくぞ」。家族初めてのマクドナルドで父も行ったことがなかった。

当日の朝、父はスーツを着て気合十分、岡山のマクドナルドに着くと全員が初めてで何もわからないので注文を聞きに来るのをずっと待っていた。

父が、「お~そうじゃったそうじゃった、ここは頼みにいくとこじゃった」と注文しにいく。

まもなくハンバーガーが到着すると、1番上のパンから食べていった。

興味がある方は、「千鳥大悟 島の話」でググってみてくださいね。

大悟のお父さんとのエピソードは数多くありますが、笑いのほかに悲哀も感じる深い~話もありますよ。

まとめ

千鳥はほかにも、岡山県から27、28人目の「おかやま晴れの国大使」に任命され、県のPRとして伊原木県知事とのトリオコンビ『もんげーボーイズ』を結成するなど岡山の顔として活躍しています。

千鳥を知れば知るほどハマること請け合いです♪この2人、『クセがすごいっ!』

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です