柴田亜美と愛犬伽羅(キャラ)の現在が気になる!漫画家業と美容サロンを調査

今回は「南国少年パプワくん」や「ドラゴンクエスト4コママンガ劇場」で人気を博した漫画家、柴田亜美さんについて調査していきたいと思います。

まず、今の若い方たちには上記のマンガを知らないという方が多いのではないでしょうか。

パプワくんなんて累計発行部数600万部を超える大ヒット作なんですよ。

私世代はど真ん中でしたので連載されていた月刊少年誌の「ガンガン」を買ったり、アニメ化もされていましたのでずっと見ていました^^

そんな柴田亜美さんといえば、「犬が大好き」「漫画家を引退して美容家になった」といった話題が目に付きます。

保護犬のボランティア団体にも加入しているそうで、愛犬の伽羅(キャラ)は有名です。

漫画家も引退すると言っておきながら続けているようですし、現在はいったい何をされてるんでしょうか?

  • 柴田亜美と愛犬伽羅(キャラ)の現在
  • 漫画家業はやめてないの?
  • 美容サロンを経営している?

以上について調査してみたいと思います!

スポンサーリンク

人気漫画家柴田亜美と愛犬キャラは今どうしてる?

柴田亜美と犬たち

https://ameblo.jp/mangakanoinutachi/

柴田亜美プロフィール

名前:柴田亜美(しばたあみ)
生年月日:1967年5月24日(51歳)
出身地:長崎県
職業:漫画家
代表作:「南国少年パプワくん」「ジバクくん」「PAPUWA」「カミヨミ」
引用:Wikipedia

柴田亜美さんは動物(犬)が大好きで、「一般社団法人アルマ」という動物保護団体で保護犬の預かりボランティアをしています。

亜美さんの飼い犬といえばググってみると「茶壺」「伽羅」という名前が出てきます。

茶壺ちゃんは♂のポメラニアン、伽羅ちゃんは♀のチワワで、茶壺ちゃんは16歳の時に2016年に他界したそうです。

伽羅ちゃんは本日10月30日放送の世界仰天ニュースで亜美さんの特集で、再現VTRに本犬が登場するとか。

他にも保護犬を引き取って飼うなど、

  • 蛍:チワワ♀(享年17歳推定)
  • 楽:チワワ♂(享年16歳以上推定)
  • はな:マルチーズ♀(享年15歳以上推定)

亜美さんの素晴らしい動物への愛情が伺えますね。

ということで現在は亜美さんと伽羅ちゃんで仲良く暮らしているみたいです☆

スポンサーリンク

漫画家はやめてないの?

漫画家として活動していた亜美さんですが、美容方面にも興味を持ち始めて2012年2月19日に、美容ブログ『女漫画家の極限美容!』を開設。

そして2017年に「柴田亜美が漫画家引退」と言う報道が流れ、本人もインタビューで「私、美容家になります。漫画を辞めても悔いはない。」という旨の発言をしました。

ですが、以降も継続して漫画作品を発表しており、現在も「れんコテ V系バンドマン×やんちゃネコの育猫奮闘記」というギャグストーリー仕立てのマンガを連載しています。

やっぱりマンガが好きすぎてやめられないのでしょうね^^

プライベートサロンを経営していた!

デビュー作の「南国少年パプワくん」がTVアニメ化されてから仕事量が倍増し、40時間以上起き続け4時間眠るという日々を20年以上送ったという亜美さん。

39歳の時にホルモンバランスを崩し、いきなり10kgの激太りをしてしまい人に見られたくないため軽い引きこもりになるなどつらい経験をなさったようです。

44歳の時にこのままでは一生デブのままだと一念発起して、食事管理とジムでの筋トレを始めました。
その結果14kgの減量に成功し、46歳の時に「46歳人生で一番ナイスバディになりました」というダイエット本を出版。

亜美さんのビフォーアフターがこちら

自分が体験してきた経験を活かし、ブログで日々、美容に関する情報を発信していた亜美さんですが、2016年12月にはついにプライベート美容サロン「ボディオートクチュール ami」を開店。

柴田亜美プライベートサロンami

http://ami.papuwa.com/salon/

ですが現在美容サロンのサイトを開いてみると、「柴田亜美のプライベートサロン『ボディオートクチュールami』は終了いたしました。ご愛好いただきありがとうございました。」と表示されます。

漫画家業の方が多忙になってきたため、そちらを優先したようです。

これは今後もヒット作を輩出してくれそうな予感がしますね☆

まとめ

柴田亜美さんと愛犬伽羅(キャラ)の現在や、漫画家業と美容サロンの実態を調査してみました。

世界仰天ニュースでは、自身が体験したザクロの皮に含まれている毒の恐ろしさを紹介していました。

出演していた伽羅ちゃん、とってもおりこうで可愛かったです!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
柴田亜美と犬たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です