成人年齢引き下げの理由は何?変更点やメリット・デメリットについても

6月13日の参院本会議にて2022年4月より成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正案が賛成多数によって可決されました。

私はこのニュースを目にした時「へぇ〜 そうなんだ」程度にしか思わず聞き流してしまいましたがよく考えると、とても大きな事というか一大事ですよね。

これまで20歳=成人で大人というイメージでしたが2年も早く10代ですでに大人。

成人式は一体どうなってしまうのか。

18歳で成人にするにあたり、変更点およびメリットやデメリットは?

調べてみましたので詳しくご紹介します。最後までご覧くださいね!

スポンサーリンク

成人年齢引き下げの理由は?


約140年ぶりとなる成人年齢の見直し。

成人年齢が20歳から18歳に引き下げると共に女性が結婚出来る年齢が18歳に変更されます。

現在は16歳で結婚が可能なのでこちらは2年引き上げされる事になりますね。

女性だけ16歳で結婚可能というのは男女平等の今の時代に合わず昔の法律という気がしますが、そもそもなぜ成人年齢を2年も引き下げなければならないのでしょうか。

表向きは若者の社会参加を増やしたり政治に関心を持ってもらう為とされていますが、税収や労働人口を増やす目的もある様です。

確かに外国に目を向けてみると多くの国で18歳を成人と定めています。

中には14歳で既に成人とみなしている国もあり20歳という年齢は高すぎるのかもしれませんが、果たして本当に18歳に引き下げる必要性があるのでしょうか?

みなさんはどの様にお感じになりますか?

個人的には今のままで良いのではと思います。
なぜなら18歳を大人と認める=責任が生じ様々なリスクが高まるからです。

では成人年齢を引き下げる事によって発生するデメリットとは?
詳しくご紹介致します。

スポンサーリンク

成人年齢を引き下げるデメリットは?

グラスに水入れようと失敗!

成人年齢を20歳から18歳に引き下げる事によって考えられるデメリットがあります。

まずは契約。
現在は未成年が親権者の承諾を得ないまま行った契約は取り消す事が出来ます。

未成年の場合契約内容をあまり理解出来ないまま契約を交わしてしまう恐れもある為取消せる制度によって未成年者を守っていますが、18歳で成人とみなされれば親の承諾なく契約を交わせます。

そして18歳で成人という事なので契約の取り消しは出来ません。
騙されると言ったら言い過ぎかもしれませんが、それだけリスクが高まってしまう事は想像出来ますよね。

又18歳から借り入れやクレジットカードを持つ事も可能
もちろんこちらも親権者の承諾は必要ありません。
この事によって自己破産者が増えるのではと懸念されています。

自分の事を振り返ってみると18歳の頃なんてまだまだ子供。

社会経験も少なく大人の判断が果たして出来たのだろうかと思うと、かなり大きな疑問が残ります。

もちろん18歳又は20歳関わらず自分の行動にしっかり責任を持てる人もいればそうでない人もいて個人差はかなりあると思いますが、成人年齢を引き下げるのであればリスクを回避できる対策も共に整えてもらいたいものです。

ちなみに気になる飲酒や喫煙ですが例え成人年齢が引き下げられたとしても、現状のまま20歳にならなければたしなむ事が出来ません。
その点は少し安心出来ますよね。

成人年齢が引き下げられるメリットは?

握手

これまで成人年齢が引き下げられる事で懸念されるリスクをお伝えしてきましたがメリットは何もないのでしょうか。

挙げられるメリットと言えば18歳から10年間有効のパスポートが作れるという事でしょうか。

現状では20歳にならないと10年間有効のパスポートは作れず、それ以下の年齢の方は5年間有効のパスポートしか作れません。
これは若いうちは見た目が大きく変わるからだそうですが、5年間は結構あっという間ですよね。

パスポートの手続きには時間や手間がかかりますし、18歳から10年間のパスポートが持てれば便利かもしれません。

ただこの事以外に特に考えられるメリットが無い事が現状です。

2022年まで残りわずか。
どの程度制度が整えられるのか注目しましょう。

まとめ

成人年齢の引き下げ案を含めた民法改正案が可決され、2022年4月から適応される事が決まり18歳から成人とみなす事が決定しました。

自分には関係無いと思われる方がいるかもしれませんが、この事が日本の未来を大きく左右する事になります。

今後ますますメディアでも取り上げられると思いますので、ぜひ関心を持って注目して頂きたいと思います。

それでは最後までご覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク
派手な衣装で椅子に座る成人たちのイラスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です