リレーアタック車盗難防止の対策グッズはある?缶やケースは使える?

今ではほとんどの車で利用されているスマートキー。

スマートキーは鍵から出る微弱な電波を車が受信し、
ドアの開閉やエンジン始動ができる仕組み。

受信範囲が1~1.5m程しかない為、所有者のみ操作できるので
防犯効果が高いとされています。

ですがこの電波を悪用して車を盗難する被害が、最近急増。

これはリレーアタックという方法で、2人1組で犯行に及びます。

微弱電波を特殊な電子機器でキャッチ、車の近くで待機する
仲間の電子機器まで中継。

電波を受信させて車を動かし、所有者に見つからないところまで
離れ、次はエンジンを再始動できるように改造するというもの。

多くの人がスマートキーを使っている為、この犯罪が横行すると
とんでもない被害が想定されますよね。

今回のこの記事では、リレーアタックによる車盗難防止の
対策グッズの紹介と、ケースや缶に入れていると電波が漏れないとの
情報を得ましたのでそちらの方も調査していきたいと思います!

スポンサーリンク

リレーアタック用の道具が20ドルで流通していた?!


スマートキーの電波を悪用した車盗難の最新の手口である「リレーアタック」。

実行するには専用の精密電子機器が必要になりますが、なんと
20ドル程度で中国で出回り始めたとのこと。

欧米を中心に被害が拡大していましたが、国内でもここ1~2年で
被害報告が急増している模様。

リレーアタックの手口とは?

ここで簡単にリレーアタックの手口を説明します。

1人で犯行に及ぶことは不可能で必ず2人1組となります。

  1. 所有者が駐車場に車を駐車
  2. スマートキーを使って施錠
  3. 1人の犯人が所有者に着いていく
  4. もう一人の犯人は車の傍に待機
  5. 所有者と車が離れた所で所有者に着いていっていた犯人がスマートキーの電波を受信
  6. その電波を増幅して車の傍で待機している犯人に送る
  7. 電波を受信したらドアを開錠してエンジンスタート
  8. 見つからない所まで逃げる
  9. 特殊な装置でエンジンを再始動できるように改造、またはパーツをバラ売りする

リレーアタック用の機器さえあれば誰にでも行えそうな犯行ですよね。

その機器が20ドルで手に入るのだから危険極まりないです(;´Д`)

この動画を見てみても盗難の方法はとても簡単で、誰にでもできそうなのが怖い・・・(;´Д`)

では次にリレーアタックに対しての対策グッズについて紹介したいと思います!

スポンサーリンク

リレーアタックの対策グッズはある?

防犯対策用として現在市販されているのは、
電波を遮断する専用ケースです。

安価で手に入るので即席の盗難防止には最適ですね^^

缶やケースは有効か?

知っている人は何年も前からリレーアタックという手口を知っていたそうです。

ここ何年かで被害が拡大して表に出てきた感じですね。

上記で紹介した電波遮断ケースを購入するのも良いですが、
家にあるものでも簡単に電波を遮断できるんです。

動画を見てもらった通り、どこにでもある金属製の缶に入れてしまえば
電波は完全に遮断され開錠されることはありません。

あとは料理の時に使うようなアルミホイルに包んでも、電波は遮断
されるようです。

まぁスマートキーの利点がことごとく無くなってしまいますがw
缶持って外歩くのは結構苦痛な感じがするので、専用のケースを
利用する方がまだましかなと思います(^_^;)

あとは古い方法で手間にもなってしまいますが、シンプルに
「ハンドルロック」ですね。

防犯対策してますよ!というアピールにもなりますし、
昔から無くならないという事はそれだけ効果があるということです。

まとめ

今回は、リレーアタック車盗難防止の対策グッズの紹介と
缶やケースは防犯に使えるのかを調査しました。

  • 電波遮断ケースが安価で通販で手に入る
  • 金属製の缶に入れておけば電波は遮断される
  • アルミホイルに包み込む方法も有効
  • 昔ながらのハンドルロックは見た目にも効果的

リレーアタックの対策法は今後も増えていくのでしょうけど、
盗難用機器が20ドルで手に入ってしまうのも問題ですね。

国内外への入出管理の徹底もお願いしたいところです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
キーレスエントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です