ムーミンバレーパークの場所はどこ?入場料金や駐車場も調査!

もうムーミンかわいいっ!

世界的に有名なあのかわいいムーミンの「ムーミンバレーパーク」が2019年3月にオープン。

これは問答無用で行くことが決定していますw

ミィやスナフキンなど愛くるしすぎるキャラが目白押しですが、いったいどんなパークなんでしょう。

私も子ども達と色んな楽しい場所へ出かけたりしていますが、ムーミンバレーパークは2019年の目玉になること間違いなしです^^

続々と情報が公開されている中で、この記事では

  • ムーミンバレーパークの場所はどこ?
  • ムーミンバレーパークの入場料金は?
  • ムーミンバレーパークには駐車場はある?

以上の3本でお送りしてきたいと思います☆

スポンサーリンク

2019年3月に「ムーミンバレーパーク」がオープン


ムーミンバレーパークとは
埼玉県飯能市宮沢湖周辺にムーミン一家とその仲間たち、そして新しい発見に出会えるムーミンバレーパークが2019年3月にオープンします。

ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷や、ムーミンの物語を追体験できる複数のアトラクション、物語の中で登場する灯台や水浴び小屋、ムーミンの物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの想いを感じることができる施設などを計画しています。

また、ムーミンバレーパークのオリジナル商品を展開する大型のギフトショップやレストランなども計画しています。
引用:https://metsa-hanno.com/moominvalleypark/

オープン日は2019年3月16日(土)。

北欧のライフスタイルを体験できる施設として11月に先行オープンした「メッツァビレッジ」と併設になります。

〒357-0001 埼玉県飯能市宮沢327-6

営業時間:10:00~21:00(不定休)

 

View this post on Instagram

 

ムーミンバレーパークさん(@moominvalleypark)がシェアした投稿

ムーミンバレーパークには、子どもたちが宮沢湖畔の自然の中で遊べる「おさびし山」アスレチックやツリーハウスも点在。

世界最大級の品ぞろえとなるムーミンのギフトショップや、北欧とムーミンの世界観を融合したオリジナルメニューを提供するレストランも設けられるといいます。

私が個人的に一番楽しみにしているのは、何と言ってもムーミン屋敷。

 

View this post on Instagram

 

マリタビさん(@maritabi758)がシェアした投稿

こちらのインスタ画像はフィンランドナーンタリのムーミンワールドです。

原作を忠実に再現したムーミン屋敷は、

  • 地下室:食糧が保管してある貯蔵庫
  • 1階:キッチン&ダイニング
  • 2階:リビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋
  • 3階:ムーミンの部屋とリトルミイの部屋
  • 屋根裏部屋:ムーミンパパが執筆を行ったりする書斎

以上の5階層から構成されています。

ガイドツアー(有料)も予定されているそうなのでめっちゃ楽しみ^^

ムーミンワールドに酔いしれるにはもってこいのアトラクションですね☆

そのほか、「海のオーケストラ号」

 

View this post on Instagram

 

<ムーミンバレーパークの海のオーケストラ号> 「海のオーケストラ号」をつくったのは、ムーミンパパの友人であり、発明家のフレドリクソン。 物語に登場する「海のオーケストラ号」に乗って、若き日のムーミンパパ、スナフキンのお父さんとなるヨクサル、スニフのお父さんとなるロッドユール、フレドリクソンたちと一緒に冒険に出かけます。 パーク内の「海のオーケストラ号」は、「勇気」「挑戦」「友情」「家族の絆」をテーマとした、体感モーフィングシアターの手法をとるアトラクションです。 壁面や床面に加え、造形物も映像を投影し、これまでにないユニークな演出による没入感と臨場感あふれる体験をお楽しみいただけます! #moominvalleypark #MVP #myhanno #moomin #finland #nordic #suomi #北欧 #フィンランド #ムーミン #exhibition #theater #OshunOxtra #merenhuiske #海のオーケストラ号 #Haffsårkester #Fredrikson #フレドリクソン #Rådddjuret #Hosuli #TheMuddler #ロッドユール #Joxaren #Juksu #ヨクサル

ムーミンバレーパークさん(@moominvalleypark)がシェアした投稿 –

ムーミンとその仲間たちによるライブエンターテインメントが繰り広げられる「エンマの劇場」など、種類様々なムーミンの世界を楽しむことができる施設となっています。

スポンサーリンク

入場料金は?

先日公式サイトより、入園料金の発表がありました。

おとな(中学生以上) こども(4歳以上小学生以下)
1,500円(税込)  1,000円(税込)


※3歳以下は無料

2019年1月中旬より、「メッツァ」公式WEBサイトにて前売りを開始。

2019年3月16日(土)オープン以降は、「ムーミンバレーパーク」現地にて、当日券の販売も行う予定です。

ムーミン屋敷などのアトラクションには別途料金が掛かるものもあります。

飛行おにのジップラインアドベンチャー 海のオーケストラ号 ムーミン屋敷  ガイドツアー
1,500円(税込) 1,000円(税込) 1,000円(税込)


※おとな・こども共に一律料金、3歳以下は無料となります。

今後も新しいアトラクションが増えていく予定。

入園料金は比較的安いと感じましたが、有料アトラクションの数が多くなるならフリーパスなんかも用意して欲しいところですね。

駐車場はある?

ムーミンバレーパークはメッツァビレッジと同じ駐車場になります。

個人的に、施設の割には少し小さめの駐車場かなと感じました。

駐車場を利用方法は、「事前予約」と「当日時間貸し」の2種類。

事前予約

事前予約は、

  • 確実に停めたい
  • 時間を気にせずのんびりしたい

こんな方におすすめです。

平日 土日祝
1,500円(税込) 2,500円(税込)

入場料金や有料アトラクションを含めると結構お金がかかる気がします。

もう少し安くても良かったんじゃないかなと個人的には少し不満。

但し当日予約の場合、時間帯によって駐車料金が変動するようです。
ちょっとよく意味がわかりませんが、詳しくは予約時に確認して下さいとのことでした。

事前予約するには、メッツァの新規会員登録が必要で、支払い方法はクレカかコンビニ決済の2パターンになります。

予約方法は、

  1. メッツァ駐車場予約ページから新規会員登録する
  2. カレンダーの日付を選択し、予約
  3. スマートフォン、PCで駐車場QRチケットを表示できる
  4. スマホで表示した駐車場QRチケットを入場口にて提示して入場

事前予約は以上の流れで行います。

スマホを持っていない場合は、事前に紙に印刷したものを提示すれば入場できます。

当日時間貸し

当日時間貸しは、

  • ランチだけ食べたい
  • ちょっと息抜きしたい

こんな方におすすめです。

平日 土日祝
600円(税込)/1h 1,000円(税込)/1h

平日は10分100円、土日祝は30分500円というシステムでした。

ん~、こちらも高いですね・・・。

近隣の道路に違法駐車する車が多発しないかちょっと心配になります(;´Д`)

当日時間貸しは予約含む満車の場合は利用できません。

まとめ

ムーミンバレーパークの場所や、入場料金・駐車場についてご紹介してきました。

  • ムーミンバレーパークの住所は〒357-0001 埼玉県飯能市宮沢327-6
  • 入場料金は大人1,500円(税込み)、子供1,000円(税込み)
  • 駐車場はあるが少し狭い。事前予約と当日時間貸しがある

まとめてみるとやはり結構お金取るなぁという印象でした。

これからも新しいアトラクションが増えていくようですので、お値段以上に楽しませてくれるテーマパークになることを願いましょう^^

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク
ムーミン谷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です