映画マチネの終わりにのあらすじやキャストは?原作と感想についても

芥川賞作家の平野啓一郎さん著書「マチネの終わりに」が福山雅治さんの主演で映画化することが決定しました。

2019年秋に全国公開予定。

平野啓一郎さんといえば、京都大学在学中の99年に「日蝕」で第120回芥川賞を当時最年少タイの23歳で受賞したことで有名ですね。

当時平野さんは23歳で日蝕がデビュー作。
私は同年代でしたし、日蝕も読みましたが、読み始めは文章が難しくストーリーも中世ヨーロッパを舞台に錬金術や両性具有など親しみのない内容盛りだくさんで挫折しそうになったことを思い出しました。

どちらかというとファンタジー要素が色濃く、読み進めていくうちにガッツリのめり込んでいましたね。さすが芥川賞作品といった感じ。

以降は小説を読むこと自体があまりなくなってしまったので、「マチネの終わりに」の原作は読んでませんでした。

平野さんの作品が映画化されるということで早速原作を読了させて頂き、とっても良かったので

  • マチネの終わりにのあらすじ
  • マチネの終わりにのキャスト
  • 原作と感想について

以上をご紹介していきたいと思います!最後までお付き合いくださいね☆

スポンサーリンク

映画「マチネの終わりに」のあらすじや原作を紹介!

マチネの終わりに

https://k-hirano.com/lp/matinee-no-owari-ni/

主人公の蒔野は、若くしてクラシックギターの最前線を背負ってきた若き天才ギタリスト。
ある日、演奏会後の友人との食事会にて、通信社でジャーナリストとして活躍する、記者の洋子と出会う。
出会った時からお互いに惹かれあった蒔野と洋子だが、実は洋子には婚約者がいた。
東京・ニューヨーク・パリ・バグダッドを舞台に、二人の男女の物語が繰り広げられてゆく。
引用:Wikipedia

主人公の蒔野聡史は38歳、ヒロインの小峰洋子は40歳。ようするにアラフォー男女の「オトナの恋愛物語」です。

蒔野 聡史のマネージャーの女性を含めた3角関係を描いていますが、蒔野聡史と小峰洋子は6年間の間に3回しか会うことがないという特殊な内容になっていて、お互いの想いの交差やすれ違いがリアルに表現されていると思いました。

ただ、原作を読んでみると言葉の表現がけっこう難解で、日蝕でも感じましたが平野啓一郎さんの著書は哲学的・文学的というイメージが有り、人によっては少し難しいかもしれません。

私も理解しながら読んでいくのに時間がそれなりに掛かってしまいました(^_^;)
慣れると物語にどっぷりハマってしまって一気に読了!

異例の17万部を売り上げている「マチネの終わりに」。おすすめです☆

スポンサーリンク

映画「マチネの終わりに」のキャスト

映画マチネの終わりに

https://www.fashion-press.net/img/news/41374/uQk.jpg

7月17日現在では、主人公の蒔野聡史とヒロインの小峰洋子のキャストしか公開されていません。

蒔野聡史/福山雅治

クラシック・ギタリスト。1968年生まれ。独身。38歳。
1986年、18歳の時にクラシック・ギタリストとしてデビューを飾る。
彼の演奏は、”息をすることを忘れる”ような完璧なもので、演奏中は思索的な顔をする。2006年、「デビュー20周年記念」ツアーの最終公演となるサントリーホールでの公演を最後に、活動を休止。テレビなどのトーク番組にも度々出演し、爽快で社交的な一面もある。
引用:Wikipedia

小峰洋子/石田ゆり子

フランス・RFP通信に所属しているジャーナリスト。1966年生まれ。40歳。
フランスの映画監督、イェルコ・ソリッチを父親に持ち、自身はフランス人と日本人のハーフ。
大学時代に知り合った、同級生のアメリカ人経済学者と婚約している。
引用:Wikipedia

メガホンを握る監督は、織田裕二主演の「県庁の星」や草なぎ剛主演の「任侠ヘルパー」などを手がけた西谷弘監督。

主演の福山雅治さんとは、「ガリレオ」や「真夏の方程式」で既にタッグを組んでいるので阿吽の呼吸でしょう。

作中で、蒔野聡史は天才ギタリストという肩書を持っています。福山さんも俳優でありミュージシャンなので役柄的にもマッチしていますね。
ですが、クラシックギターは不慣れという福山さんは練習に余念がないそうです。

石田ゆり子さんは、もともと著書のファンでインスタにも投稿がありました。

そんな大好きな作品に出演できるようになるとは幸せも感じることながらプレッシャーも相当なものでしょうね。
是非とも頑張ってもらいたいです!

 「マチネの終わりに」読んだ感想を紹介!(少しネタバレあるかも)

以下の感想にはネタバレが含まれている可能性がありますので、見たくない方は飛ばしちゃって下さいね!

まとめ

2019年秋に公開される映画「マチネの終わりに」。今回は、

  • マチネの終わりにのあらすじ
  • マチネの終わりにのキャスト
  • 原作と感想について

以上についてご紹介してきました。

最近は学園モノや若い男女の恋愛を描いた映画やドラマが多い気がしますが、アラフォー世代のしっとりとした恋愛も同年代の私には感情移入できて楽しめそうです。

同年代じゃない方が観てもきっと面白い映画になると思います。今から楽しみですね。

それでは最後までご覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク
映画マチネの終わりに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です