2018年に火星が接近!よく見える時間や場所は?スマホで撮影する方法

天体

全国的に梅雨入りが発表され梅雨が明ければ暑い夏が訪れます。

夏と言えばテンションが上がる様なイベントが沢山ありますよね。

様々なフェスや花火大会、地元のお祭りにバーベキューや海水浴などのレジャーなど。

挙げればキリがありませんしみなさん既に色んな計画を立てていると思いますが、今年の夏はぜひ夜空に注目してみてください。
なぜなら火星が地球に大接近するからです。

インスタ映えする素敵な写真が撮れるチャンス大。
そこで今回は2018年に大接近する火星がきれいに見える時間や場所、スマホで簡単に撮影できる方法について詳しくご紹介します。

スマホで撮影なんてきれいに撮れるのかと疑っていましたが、とてもきれいにお手頃価格で撮影できる方法がありました!

スポンサーリンク

火星が地球に一番大接近するのは7月31日!

ソーラーシステム 惑星 惑星系 軌道 太陽 水銀 金星 地球 火星 カイパー ベルト 木星

みなさん今年は火星が地球に最も接近する事ご存知でしたか。

一番火星の距離が地球に近付くのは2018年 7月31日。

この現象は2003年以来なので15年ぶりになります。
火星の観測や撮影の絶好のチャンス逃す訳にはいきません。

生物が生息していた痕跡が見つかったり火星移住計画がささやかれたり何かと話題になる火星ですが、実際火星について詳しく知らないという方が多いのでは無いでしょうか。

実は私もそんな中の一人。
という事で火星について調べてみました。

地球と火星の違いとは?

火星は英語でRED PLANET 「赤い惑星」と言われています。

なぜ赤い色に表現されるのかというと火星の地表には赤サビがたくさん含まれているから。
地球には海がある為全体的に青く見えますよね。
そんな地球と火星は地表の性質が大きく異なるのです。

気になる火星の大きさですが直径は地球の約半分。
質量は地球の10分の1ほどで重力の強さは地球の40%程度。

自転周期が地球にとても近い為火星の1日は24時間39分35秒程。
1日が24時間以上あったらなんて思った事一度はあると思いますが火星ならその願いを叶えてくれるかもしれません。

火星というと無機質なイメージがありましたがなんと季節もあるそうです。
なんだか魅力的に見えてしまいますが人間が住むとなると環境が過酷。

火星の表面温度は約20℃。
大気がとても薄いので熱が保てないそうです。

又二酸化炭素が最も多く95%を占めていて窒素が3%。
酸素はほんのわずかしかありません。

更に冬はとっても寒くなりなんと数メートルのドライアイスの層が出来るそう。
単なる氷では無くドライアイスなんて過酷さをより一層感じてしまいます。

やはり人間が住むにはあまり適さない環境なのかもしれませんね。

これまでアメリカやロシア、ヨーロッパや日本などが火星の探索に挑戦しています。

火星を調べるには相当なお金もかかりますし事前には入念な準備を整えているはず。
機材も準備万端にセッティングしているにも関わらずミッションを終える前に3分の2という高い確率で失敗に終わってしまうのです。

これは機材の不具合によるものなのですが、中には何も異常がないにも関わらず失敗に終わってしまう事も。
関係者たちの間では火星の呪いなのではないかと囁かれているそうです。
まだ確認されていない生物 宇宙人の仕業によるものなのか。
はたまた目に見えない怪奇現象によるものなのか。
真実はわかりませんが一体何者による仕業なのでしょうか。

ちなみにこれまでブッシュ大統領やオバマ大統領が火星に人間を送り込む計画を発表していますが、未だ実行に至っていません。
やはり相当な準備や資金が必要でそう簡単にはいかないのかもしれませんね。
もちろんリスクも大きいはずですが。

スポンサーリンク

火星がきれいに見える時間や場所は?

火星が地球に最も接近する日は7月31日で時間は21時頃。

気になる火星が見える場所ですが南東のやぎ座のすぐ近く。
南東のやぎ座と言っても一体どこなのか分かりませんよね。

私もお恥ずかしながら星座に詳しくないのでさっぱり分かりません。
でもご安心ください。

スマホのアプリで簡単に星座を見つける事が出来るのです。

本当に便利な時代になったものだと改めて実感させられますが、星座を見つけられる神アプリ名は「星座表 ESCAPE VELOCITY LIMITED」
なんと驚きの無料。
これはダウンロードせずにはいられません。

分かりやすい名前のアプリ「星座表」ですが使い方はとっても簡単。
スマホを夜空にかざすだけ。
たったこれだけで星座の位置を正確に教えてくれるのです。

これなら簡単にやぎ座を見つけられて火星を見る事が出来ますよね。
火星が地球に最も接近する前にぜひこのアプリをダウンロードして頂きたいと思います。

星座表
星座表
開発元:ESCAPE VELOCITY LIMITED
無料
posted withアプリーチ

 

ちなみに星座を見つけるアプリとして「Star Walk 2 Adst:スカイ・ガイド」もオススメ。

こちらも無料で高評価のレビューが多くとっても便利なアプリです。
お使いのOSやデバイスによってアプリとの相性が大きく変わるので、使いやすいものを選んでみてくださいね。

Star Walk 2 Free - 夜空ガイド:スター、星座、衛星、惑星を昼夜に見る
Star Walk 2 Free – 夜空ガイド:スター、星座、衛星、惑星を昼夜に見る
開発元:Vito Technology
posted withアプリーチ

 

火星をスマホで簡単に撮影する方法とは?

「星座表」のアプリで火星を見つけられたらあとは撮影するのみ。

暗い中星や夜景を綺麗に撮影する事は意外と難しいのですが、果たして美しい写真を撮る事は可能なのでしょうか。

ここでもスマホのアプリの出番です。

「Night Cap カメラ」なら難しい星の撮影もバッチリ。
簡単に綺麗な写真を撮る事が出来ます。

こちらのアプリはお値段が240円なのですが、高性能なデジカメを買う事を考えたらかなりお得なお値段ですよね。

実際このアプリを使用して星を綺麗に撮る事が出来たと高評価。
火星も綺麗に撮影出来る事間違いナシ。

Night Mode Camera (Photo & Video)
Night Mode Camera (Photo & Video)
開発元:Chris Wood
posted withアプリーチ

 

更に火星をスマホで綺麗に撮影するには三脚を用意されてみてはいかがでしょうか。

 

重さはわずか390gで最大1,045mまで伸ばす事が可能。
火星を綺麗に撮影するには手ブレ厳禁。
三脚を用意すれば綺麗な写真を簡単に撮れるはずです。

そんな三脚での写真撮影にはリモコンがあると便利ですよね。

 

ワンコインでお釣りがくる嬉しい価格ですが、その機能は抜群。
10mまで通信可能なので遠く離れた場所で使用する事が出来ます。

三脚とリモコン合わせても2,000円程度なのでこの機会に揃えてみてはいかがですか。

本格的に火星を観測するなら天体望遠鏡を使用して頂く事がベストですが、天体望遠鏡は高くて中々手が出せないイメージ。

そこで一体どの程度の価格で販売されているのか調べてみた所、驚きの商品を発見してしまいました。

 

1万円以内で本格的な天体望遠鏡が手に入ってしまうのです。

この商品がオススメなのはスマホのアダプタ付きなので天体望遠鏡で見たものをそのままスマホで撮影出来てしまう事。
これなら本格的な美しい火星を撮影出来ますよね。

こちらの天体望遠鏡は日本製で一年間の保証付き。
ファインダー合わせも簡単になっていますが、わからない事は丁寧に教えてくれるそうです。
本格的に火星の写真を撮りたいという方はこの機会に購入されてみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介させて頂いた三脚やリモコン、天体望遠鏡は全て楽天から購入出来ます。
興味がある方はぜひご覧頂きたいと思います。

火星が最も地球に接近する日は7月31日ですが例えそのチャンスを逃してしまっても火星の撮影可能です。

8月1日から8月31日まではやぎ座からいて座の間に位置しているのでしっかりご覧いただけます。

今年の夏は火星観測見逃せませんよね。綺麗な写真が取れればインスタ映え間違いナシ。
火星のおかげでフォロワーが増えるかも。

未だ未知なる部分が多い火星を見近に感じるチャンスです。
ぜひこの機会をお見逃しなく。

まとめ

火星人がいるのではないかと囁かれる未知なる存在の火星。
そんな火星が2018年地球に最も接近すると言われています。

地球に接近するのは15年ぶり。

この機会を逃したら次はいつになるのか考えると絶対見逃せませんよね。
一番地球に近付くのは7月31日ですが、それ以降も見られるチャンス大。

今年の夏は火星が大きな話題になるかもしれません。
話題の波に乗り遅れない為にも今から夜空を観察して火星が見える絶景ポイントを探してみてはいかがでしょうか。

7月31日は目前に迫っています。
火星がどの様な姿を見せてくれるのか楽しみに待ちましょう。

コメント頂ければ超絶嬉しいです。
それでは最後までご覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

天体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です