最上稲荷初詣2019の混雑状況や渋滞区間は?屋台の出店時間も調査!

12月も下旬に差し掛かり、冬本番。

スーパーマーケットに行くと、門松やしめ縄が店頭に並んでいました。

平成も残りわずかになりましたね。

年始の恒例行事である初詣。

多くの参拝者が一堂に会するため、

必ずと言ってよいほど車の渋滞が起こります。

少しでも情報を知っている方が、お参りや御札の奉納、

更には屋台を楽しむ時間も多く取ることができるかも☆

この記事では岡山県にある最上稲荷へ2019年の

初詣に行こうと考えている方へ、

  • 混雑状況や渋滞区間
  • 屋台の出店時間

以上をご紹介していきたいと思います。

渋滞や人混みに揉まれる時間を少しでもカットしていきましょう^^

スポンサーリンク

【2019初詣】最上稲荷の混雑状況と渋滞区間は?


高さ27mの大鳥居と赤いのぼりが目印。

日本三大稲荷の一つで、縁結びと縁切りの両参りで良きご縁が結べる「縁の末社」が見ものです。

旧本殿と本殿が岡山市重要文化財になっており、根本大堂など33件が登録有形文化財。

住所:岡山県岡山市北区高松稲荷712
TEL:086-287-3700
営業時間:窓口は5時30分~19時
定休日:無休
ご利益:家内安全、商売繁盛、交通安全、学業成就など
宗派・ご本尊:日蓮宗(最上稲荷総本山)
祭神:最上位経王大菩薩
混雑時間:1月1日は0~2時、10~15時。2・3日は10~15時
料金:拝観自由
駐車場:なし/周辺に有料駐車場あり
引用:https://rurubu.jp/andmore/article/5358

こちらが最上稲荷の初詣の時間と日程になります⬇

最上稲荷の初詣の時間と日程

https://www.inari.ne.jp/blog/index.php?c=banner&pk=1287982963&preview=1287982963

三が日で約60万人以上の参拝者が見込まれる最上稲荷の新春開運大祈願祭。

必ず毎年大渋滞が発生します。

大晦日から三が日の日程で交通規制もありますので事前に確認しておかなければいけません。

2019年最上稲荷初詣交通規制時間

2018年12月31日(月)午後9時から2019年1月1日(火)午後7時まで。

2019年1月2日(水)1月3日(木)午前7時から午後7時まで。

さらに交通規制図はこちら⬇

2019最上稲荷初詣交通規制図

ここ数年の傾向から推測すると、

大晦日の12月31日の夜20時前後からすでに渋滞が始まっており、

車中で新年を迎えることもしばしば(;´Д`)

最上稲荷でカウントダウンをしたいと思っている方は、

遅くても大晦日の18時には現地に到着しておく算段が必要です。

そして紙一重の差で渋滞に突っ込んでしまったら、

早く出発した意味がなくなってしまうので

「普段は20分で着く」なら1時間前の17時に家を出るつもりで。
※確証するものではありません

もう一つの傾向としては、明けた新年1月1日の朝方4~7時頃

比較的渋滞も緩和している時間帯のようです。

要するに人が行動するであろう時間の逆をいけば回避できます。

これはどんな事でも世の常ですね^^

スポンサーリンク

空いているルートはある?


最上稲荷へ車で行くには通常、

  • 各方面から岡山自動車道・岡山総社ICより約5km、車で10分。
  • 国道180号線で高松稲荷交差点まで、県道241号を北上して大鳥居を目標に。

このようなルートが一般的ですが、

国道180号線から高松稲荷交差点までいかずに、

東から来た場合

国道180号線経由で東方面から来た場合は、

手前の中川橋交差点で右折、

県道61号を北上した後、県道241号を南下。

中川橋交差点から北上するルート

西から来た場合

国道180号線経由で東方面から来た場合は、

手前の小山交差点を左折、

国道429号線を北上し県道61号に入る。

その後、県道241号を南下。

国道429号線を経由するルート

この2パターンを利用すると、遠回りですが鳥居をくぐっていくルートよりも

遥かに早く到着できると思います。

ただ最近はこのルートを利用する参拝者も増えているようですので、

油断は禁物ですw

あと、高速道路を利用してこられる方は

ETCのみ通過できる吉備SAで降りると良いそうです。

屋台の出店時間は?営業は何日まで?

Photo by (c)Tomo.Yun

http://www.yunphoto.net

最上稲荷の長い参道には数多くの屋台が並んでいます。

大晦日から開催している新春開運大祈願祭が15日までやっているので、

例年その期間に合わせて屋台も出店していますよ。

大晦日から三が日にかけては夜通し開いているようですが、

2日の朝だけは閉まっているお店が多いので注意。

最上稲荷名物の、

  • ご縁まんじゅう
  • ゆずせんべい

この2つは所々の屋台で売っていますのでぜひ食べてみて下さい^^

そのほか、

  • フライドポテト
  • からあげ
  • りんごあめ、ぶどうあめ、いちごあめ
  • 焼き鳥
  • たこ焼き
  • ホルモンうどん
  • 牛肉串
  • 焼きだんご
  • みたらしだんご

あとはクレープや太宰府梅ヶ枝餅などの変わり種も。


さすが最大手の参拝場所だけあって、思い付きそうなものは全て揃ってます!

冒頭に新春開運大祈願祭が開催されている15日までと書きましたが、

お土産屋さんは年中営業していますのでお間違いのないように^^

まとめ

最上稲荷初詣2019の混雑状況や渋滞区間、また屋台の出店時間についても調査しました。

最上稲荷への参拝へは、カウントダウンのタイミングで行くのか、三が日に行くのか、それとも4日以降に行くのかで混雑状況も変わってきます。

年末年始には電車の臨時便や専用のバスも運行していますので、交通機関の利用も検討してみてくださいね。

補足ですが、初詣で参拝を終えた後は真っ直ぐ家に帰るのが好ましいそうです。

寄り道をすると、せっかく頂いた福を落としてしまうんだとか😅

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
靖国神社 初詣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です