カルロス・ゴーンの愛車や自宅が気になる!妻や娘の現在も調査!

 

日産自動車、仏ルノー、三菱自動車の会長として君臨してきたカリスマ経営者、カルロス・ゴーン氏が逮捕されるという衝撃的な事件が起きました。

カルロス・ゴーン容疑者らは、2011年度から15年度の間に得た約100億円の報酬を約50億円分も過少申告した疑いで、「金融商品取引法違反容疑」で東京地検特捜部に逮捕されました。

内部関係者からの通報によって日産側が調査を行なった結果、会社の資金を私的に流用するなどの重大な不正が認められたとのこと。

このとてつもない額の不正受給の裏にある真相を解明するべく、ゴーン氏と代表取締役だったグレッグケリー氏も同じく逮捕され、調査が進んでいます。

過少申告して手に入れた50億円の内訳には自宅購入費も含まれていることからかなりの高級住宅を所有しているとか。

クルマ好きで有名なことからも、乗っている車も気になりますよね。

今回はゴーン氏の素性を知るべく、

  • カルロス・ゴーンの愛車や自宅について
  • 妻や娘は現在どうしているのか

以上について調査していきたいと思います!

グレッグケリーの愛車や自宅が気になる!妻や娘の現在も調査!

2018.11.21
スポンサーリンク

日産会長カルロス・ゴーンが金融商品取引法違反の疑いで逮捕

カルロス・ゴーンとグレッグケリー

https://yuruneto.com/ghosn-kasyou/

一時低迷していた日産の経営をコストカットの政策を中心にV字回復させ、「コストキラー」や「ミスター調整」などの異名を持つカルロス・ゴーン氏。

日産自動車のほかにもフランスの自動車会社ルノー、更に三菱自動車工業と3つの会社の会長を兼務しています。

今現在、政治関連では入管法改正に憲法改正・水道法改正・消費税等重要法案など審議中の話題があるのですが、業界の超大物が逮捕されたことで報道はカルロス・ゴーン一色。

国民にとって一番大事な話題が二の次になってしまっていますね。

カルロス・ゴーンの経歴

  • フランスの工学系グランゼコールの一つであるパリ国立高等鉱業学校を卒業
  • フランス大手のタイヤメーカー「ミシュラン」に入社
  • 3年目の1981年に、27歳でフランス国内のル・ピュイ工場の工場長に抜擢
  • 30歳になったゴーン氏は、故郷であるブラジルのブラジル・ミシュラン社長に大抜擢
  • ミシュランのブラジル最高執行責任者をへて1989年にノースアメリカ会長兼最高経営責任者(CEO)に就任すると、ブラジルと北米部門で事業の黒字化を達成
  • フランスの自動車大手ルノーがその手腕に注目、ゴーン氏は1996年、同社の上級副社長に就任
  • 1999年に日産の最高執行責任者に就任し日産リバイバルプランを開始
  • カルロス・ゴーン会長はルノーの日産自動車買収をきっかけに1999年、日産自動車の最高執行責任者(COO)に任命
  • カルロス・ゴーンが就任する前の日産は、約2兆円あまりの有利子債務を抱えていた状態だったが、翌年に社長に昇進した後、4200億円ほどの資産を売却し、全体社員の14%(2万1000人)を削減するなど大々的なリストラを通じて日産を復活させる
  • 16年には、燃費不正問題の発覚をきっかけとした三菱自動車との提携を主導し、16年12月に三菱自会長にも就任
  • 2013年6月から2016年6月には、ロシアの自動車メーカのアフトヴァース会長も兼任

引用:https://matome.naver.jp/odai/2154266632842745701

ゴーン氏の父はレバノン系ブラジル人、母はレバノン系フランス人で、フランスとブラジルの国籍を持っています。

このとてつもない経歴を持つゴーン氏は、総資産2,000億円とも言われる超実業家なのに、それでも不正受給する必要があったのでしょうか。

私たち凡人から考えると理解できない世界があるものですね(^_^;)

こんなに資産があるならクルマ好きで知られるゴーン氏の愛車や自宅なんかは相当凄いのだろうなと容易に想像できますが、実際どうなのか調べてみました☆

スポンサーリンク

カルロス・ゴーンの愛車や自宅を調査!

多額の資産を保持するカルロス・ゴーンの愛車はルノー?日産?

過去にポルシェに乗って衝突事故を起こしていた

クルマ好きで知られていたゴーン氏は2004年頃に都内でバイクとの衝突事故を起こしたことがあり、その時乗っていた車が白い新型のポルシェでした。

ポルシェ911カレラ4S

なぜポルシェなのか聞いたところ、「性能実験」のために乗っていたとコメントしています。

上の画像は2004年8月に発売されたポルシェ911カレラ4Sですが、ゴーン氏が乗っていたのはこれなんじゃないでしょうか。

性能実験というのも個人的には怪しく思いますし、このポルシェが愛車ではないのかと思っています。

他にも、峠を「GT-R」で走りに行くゴーン氏を見かけたという噂や、「NOTE」や「リーフ」、「フーガ」等、ゴーン氏が日産車で街中を走っている姿は何回か目撃されているようです。

カルロス・ゴーンの自宅はどこ?

ゴーン氏の自宅ですが、わかっているだけでも5箇所の不動産があります!

日産の会長でもありましたから日本にももちろん自宅があり、有名な芸能人が住んでいることでも知られる「元麻布ヒルズ」でした。


元麻布ヒルズには、タレントなどで活躍する神田うのさん、嵐の二宮和也さん、アンジャッシュ渡部&佐々木希夫妻などが住んでいるという噂があります。

そのほか国外では、

  • ブラジルのリオジャネイロ
  • レバノンのベイルート
  • フランスのパリ
  • オランダのアムステルダム

に不動産を所有しており、合計で30億円以上の費用が掛かっているとか。

そしてこの費用の出処が、今回不正に得た50億円に含まれるのだそうです!

妻や娘は今どうしてる?

ゴーン氏は一度離婚しています。

前妻のリタ・ゴーンさんがこちら。


この元奥さんとの間には1男3女の4人の子どもがおり、「ゴーン家の家訓」という書籍も出版しています。

なんでもゴーン氏のDVによって離婚に追い込まれたようです・・・。できる男にも欠点はあるんですね(^_^;)

現在は再婚していて、今の奥さんはキャロルさんという方。

キャロライン・ゴーン

https://kaikumikodaisuki.com/10148.html

金髪がとても似合う美人さんですね☆

こちらのキャロルさんにはとても優しくなさっていたようで何より^^

でも捕まっちゃいましたけど・・・(;´Д`)

そして子どもたちがこちら。

長女 キャロライン・ゴーン

1987年に東京都目黒区で生まれる。

大学卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに就職。

2011年にはニューヨークで専門ネットワーク会社を設立。(現・取締役会長兼CEO)
世界で900万人以上のコミュニティを獲得しています。

ニューヨーク在住の起業家で、4カ国語を話せるバイリンガル。

次女 ナディーン・ゴーン

ナディゴーン

NADINE GHOSNホームページ

アメリカ出身、ニューヨーク在住のジュエリーデザイナー。

高校2年生まで日本で過ごし、スタンフォード大学へ。

スタンフォード大学卒業後、ニューヨークのポストンコンサルティングで勤務し、ヘッドハンティングされエルメスに入社。ジュエリーブランド「NADINE GHOSN」を設立。

ブランドを立ち上げることに、カルロスゴーン会長は懐疑的だったが、最終的に尊重、最大の応援者となります。

彼女も5カ国語を話せるバイリンガル。

三女 マヤ・ゴーン

マヤ・ゴーン

facebook

パリ出身、サンフランシスコ在住。

スタンフォード大学卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに就職。

Facebookの創始者・マーク・ザッカーバーグ氏と妻のプリシラ・チャンさんによって設立された慈善団体・CZIに参加。

長男 アンソニー・ゴーン

パリ出身・在住の起業家で、4姉弟の末っ子に生まれました。

スタンフォード大学卒業後、サンフランシスコに不動産メディアコンサルティング会社を設立。(現・CEO)

プライベートでは、ボクシングと読書が趣味。

どの子どもたちも人に雇われることなく、独立していますよね!さすがゴーン氏の血族!

まとめ

カルロス・ゴーンの愛車や自宅、また妻や娘の現在を調査してきました。

愛車が日産・ルノーではなかったり、自宅が日産の費用で購入されていたり・・・。

ゴーン氏はやりたい放題だったようですが、ついに悪事が世に出てしまった形になりましたね。

独立している子供さんたちに悪影響が及ばないように願っています。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

グレッグケリーの愛車や自宅が気になる!妻や娘の現在も調査!

2018.11.21
スポンサーリンク
カルロス・ゴーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です