【美術館・博物館】アートが好きなカップルや家族連れが楽しめるオススメを紹介

「休みの日に出かけたいけれど、どこに行っていいか分からない…」

と悩むことはありませんか? 週末を前に焦るけれど、アイデアは枯渇気味。

「近場のお出かけスポットは大体制覇したし、もう何も思いつかない!」というあなたに、カップルや家族連れが楽しめる色々なタイプの博物館・美術館をご紹介します。

実は日本は、世界でもトップクラスの博物館・美術館大国。

その数は、私設のものも含めれば、なんと5千館以上です。

それだけあるなら、誰しも1つくらいは、お気に入りの施設を見つけることができそうですよね。

少し調べただけでも、面白そうなものがたくさん出てきました。

それでは今回は、美術館や博物館についてアートが好きなカップルや家族連れが楽しめるオススメを紹介したいと思います!

スポンサーリンク

美術館・博物館10選 日本列島の北から南まで

札幌オリンピックミュージアム(北海道)

ジャンプやクロスカントリースキー、ボブスレーなどのウィンタースポーツを実際に体験することができるミュージアム。

その面白さには、大人も子供も大興奮すること間違いなしです。

http://www.sapporo-olympicmuseum.jp/

感覚ミュージアム(宮城県)

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の5感を体験できるミュージアム。

真っ暗な室内の展示を、視覚以外の感覚を駆使して「鑑賞」するなど斬新な仕掛けが満載。

カップルや家族連れ、友達同士など、万人が楽しめる施設です。

http://www.kankaku.org/

目黒寄生虫館(東京都)

寄生虫学専門の私立博物館。

サナダムシの巨大標本があるなど、とにかく驚きの展示物が目白押しです。

入館料は無料(寄付制)で、個人の利用に限り写真や動画の撮影が可能。

なぜかカップルが多いことでも有名です。

http://www.kiseichu.org/

カップヌードルミュージアム(神奈川県)

カップヌードルの体験型ミュージアム。

自分だけのオリジナルヌードルを作るコーナーは、子供に大人気!

世界各国の多種多様な麺を味わえるコーナーもあります。

ミュージアムでヌードルの歴史を学んだあとは、ミュージアムショップでレアグッズを探すのも楽しそうです。

https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/yokohama/

MOA美術館(静岡県)

国宝の「紅白梅図屏風」や重要文化財の『樹下美人図』など、多くの一級品を収蔵する美術館。

版画作りや茶の湯体験、音楽のリサイタルや能の演能会など、美術館の枠に留まらない

多彩なイベントも魅力です。

本格的ビストロや茶室も併設しており、アートと同時に食も楽しめます。

www.moaart.or.jp/events/

博物館 明治村(愛知県)

明治時代の重要な建造物を移築した、野外博物館。

 

View this post on Instagram

 

hiroshi kasaiさん(@nirvana.1963)がシェアした投稿

建物だけでなく、体験型迷路やスタンプラリー、明治時代の衣装を着て記念撮影ができるハイカラ衣装館など、楽しい施設がたくさんあります。

http://www.meijimura.com/

福井県立恐竜博物館(福井県)

恐竜の化石が多く発見されている福井県にある、子供にも人気の博物館。

実物大の全身骨格標本を40体以上保有しており、その迫力はかなりのもの。

館内のカフェでは恐竜をテーマにしたカレーやオムライスを楽しめるなど、遊び心も満載です。

https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

奈良国立博物館(奈良県)

東京国立博物館に並ぶ貴重な収蔵品を、多数保有している博物館。

普段は非公開の宝物が特別に展示される、正倉院展でも有名です。

夕暮れの正倉院展

Mayuzoさん(@mayuzo2525)がシェアした投稿 –

http://www.narahaku.go.jp/index.html

足立美術館(島根県)

5万坪もある計6つの日本庭園と横山大観のコレクションで有名な美術館。

庭園も絵画の1つと位置づけられており、配置から木の枝ぶり、果ては苔に至るまで、完璧に計算された美しさを堪能できます。

アメリカの専門誌で15年連続日本一に選ばれるなど、その美しさは折り紙付き。

庭を眺めながら休憩できるカフェも併設されています。

庭園以外にも『紅葉』や『無我』など、大観の代表作をゆっくりと鑑賞することも可能です。

https://www.adachi-museum.or.jp/

九州国立博物館(福岡県)

東京、奈良、京都に次ぐ4番目の国立博物館で、美術館・博物館学の粋を集めた最新設備を誇ります。

「夜の博物館たんけん隊」と称されるバックヤードツアーでは、普段入れない博物館の裏側を歩けることも。

http://www.kyuhaku.jp/

スポンサーリンク

徳島の至宝、変わり種の美術館

ここでは、特におススメしたい美術館をご紹介します。

大塚国際美術館(徳島県)

オリジナル作品の原寸大の複製品を展示する美術館。

わざわざ海外の美術館に足を運ばなくても、日本にいながらにして、第一級の美術品に出会えます。

西洋名画は1000点以上。

この美術館の中心部にあるシスティーナ礼拝堂の天井画の迫力は、かなりのものです。

「複製なんて芸術じゃない」と思われている方にこそ、この美術館はおススメ!

実は「オリジナルでなければ芸術ではない」というのは近代の芸術観で、近代以前は、模倣は悪ではありませんでした。

「過去の芸術作品を模倣して学ぶことこそ、芸術を理解することだ」

とされていた時代があったとは、現代の私たちには驚きですね。

是非あらたな視点から、芸術の素晴らしさに触れてみてください。

http://www.o-museum.or.jp/

まとめ

今回は博物館・美術館をメインにご紹介してきました。

「眠くなりそうだし、こういう系統のものには興味がない」と思っていた方もこうして見てみると、意外に楽しそうな施設がそろっていることに気づかれたのではないでしょうか。

訪れてみれば、「どうして今まで避けていたんだろう?」と感じること請け合いです。

これからは、お出かけスポットに悩むこともなくなりそうですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です