映画十二人の死にたい子どもたちのキャストとあらすじは?原作も!

SF作家の冲方丁(うぶかたとう)が2015年に世に放った
ミステリー小説、「十二人の死にたい子どもたち」が、
2019年、映画公開されますね!

ジャパンプレミアも無事終了し、あとは公開を待つのみ。

公開前にメインとなる12人の豪華キャストやあらすじ、原作についても
ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「十二人の死にたい子どもたち」が映画化!1月25日公開!

1月25日に公開となる映画「十二人の死にたい子どもたち」。

原作を手掛けた冲方丁さんは、1977年、岐阜県生まれの41歳で、
4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごしました。

少年時代を海外で暮らしていた事から、日本語表記にこだわりを持っていて
作中にも趣向を凝らした文体を用いる事がよくあります。

小説だけでなくあらゆるメディア全般に対応する彼の作品、
マルドゥックシリーズ。SF史に残る傑作とも言われています。

そんな独特の作風を持つ冲方さんの映画化までされた代表作、
「十二人の死にたい子どもたち」のあらすじはこちら。

原作の小説のあらすじ

十二人の死にたい子どもたち あらすじ
廃業した病院にやってくる、十二人の子どもhttps://booklog.jp/item/1/4163905413たち。
建物に入り、金庫をあけると、中には1から12までの数字が並べられている。
この場へ集う十二人は、一人ずつこの数字を手にとり、「集いの場」へおもむく決まりだった。
初対面同士の子どもたちの目的は、みなで安楽死をすること。
十二人が集まり、すんなり「実行」できるはずだった。
しかし、「集いの場」に用意されていたベッドには、すでに一人の少年が横たわっていた――。
彼は一体誰なのか。自殺か、他殺か。このまま「実行」してもよいのか。
この集いの原則「全員一致」にのっとり、子どもたちは多数決を取る。
不測の事態を前に、議論し、互いを観察し、状況から謎を推理していく。
彼らが辿り着く結論は。そして、この集いの本当の目的は――。
引用:https://booklog.jp/item/1/4163905413

まさにSFジャンルの王道ともいえるサイコパスなストーリー!

まずもって、自殺願望を持った未成年が12人集まるという設定から
興味が惹かれます。

しかも既に亡くなっていた13人目は一体なんなのか?!

小説が苦手だという方には漫画版も出ていますので、こちらから
読んでみてはどうでしょうか?

では次に、映画に出演するキャスト12人をご紹介します!

スポンサーリンク

12人の豪華キャストはこちら!

サトシ(1番):高杉真宙

15歳の高校1年生。サイトの管理人で、医者の息子。
今回の主催者で、議論の際は進行や助言をするなど、
頭が切れる様子が描かれている。

ケンイチ(2番):渕野右登

16歳の高校2年生。最初に到着した人物。
孤立することを極度に嫌い、あまり空気が読めない。

ミツエ(3番):古川琴音

16歳の高校2年生。ロリータファッションを身にまとった、感情的なタイプの少女。
「ゲリ閣下」というバンドの大ファン。

リョウコ(4番):橋本環奈

マスクで顔を隠した少女。最初は明かされないがその正体は、
天才子役から人気女優になったリコ。
周りによって作り上げられた女優・リコという存在を嫌打合せ。

シンジロウ(5番):新田真剣佑

ハンチング帽を被った、17歳の高校3年生。
議論上手で、相手の話を聞くことが得意。
主に探偵役として活躍し、薬や医療道具などにも詳しい様子。

 メイコ(6番):黒島結菜

18歳の高校3年生。小柄でおとなしい性格。
大多数に属することを好み、リョウコに死んでほしくないと
感じている。ファザコン。

アンリ(7番):杉咲花

17歳の高校3年生。議長タイプで、気が強い少女。
常に言い返す言葉を考えながら会話をしている。
全身を黒の服で統一している。

タカヒロ(8番):萩原利久

吃音で、16歳の高校1年生。
親に薬漬けにされ、自分は病気だと思い込んでいる。

ノブオ(9番):北村匠海

メガネをかけた、18歳の高校3年生。
学校では人気者だが、自らの発言でミスリードを引き起こそうとする
危険な人物。

セイゴ(10番):坂東龍汰

15歳の高校1年生。
金髪で喫煙をする見るからに怖そうな少年だが、見た目に寄らず
しっかりした性格の人物。
弱い者に優しい。母親に保険金をかけられいることに気づいてしまう。

マイ(11番):吉川愛

17歳の高校3年でギャル系の女子高校生。
援助交際をしている。
普段はギャルらしい言動で周りから浮き気味だが、時に的を得た指摘をすることも。

 ユキ(12番):竹内愛紗

15歳の高校1年生。
真面目でおとなしい少女で、注目されることを嫌う。

まとめ

映画十二人の死にたい子どもたちのキャストとあらすじ、原作についても紹介しました。

監督は「TRICK」や「20世紀少年」で有名な堤幸彦監督。
キャストも橋本環奈や新田真剣佑など錚々たる顔ぶれ!

映画の前に原作を見て比べてみるのも面白いですよ☆

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です